福井スコーレは、福井市にあるフリースクールです。不登校の子供の居場所であることを大切にしています。毎週火曜、水曜、金曜、土曜の朝9時~15時に開いています(迎えが来るまで15時以降もいてもらって構いません)。

私も中学生の頃は不登校で、未来はないと思い悩んでいましたが、県外のフリースクールに通って様々な人と出会うことで、元気を取り戻していきました。しかし福井には、不登校の子供が安心して通える居場所がほとんどありません。そう思い、福井スコーレを創りました。
福井スコーレに、カリキュラムはありません。それぞれが、それぞれの興味やペースに合わせて、毎回過ごし方を決めています。パソコンでゲーム作りをしたり、チラシのデザインをしたり、理科の疑問を調べたり、ゲームで遊んだり、休んだりと、自由に過ごすことができます。金曜の午前中は体育館で遊ぶことが多いですが、それ以外に決まっていることはありません。いつ来ていつ帰るかも自由です。

一見何もしていないように見えて、子供は居場所からたくさんのものを吸収しています。安心感や前向きな気持ち、人間関係や好奇心。居場所があることによって子供は生命力を取り戻していきます。これが、福井スコーレが居場所であることを大切にしている理由です。

子供の提案や保護者の提案で、食事会をしたり、出かけることもよくあります。これまでも、バーベキューをしたり、嶺南のボードゲーム屋さんに行ったりしてきました。やりたいことがあれば、是非一緒に企画しましょう!

感想・推薦

学校のシステムが合わず、居場所がみつけられずに2年半家庭で過ごしていた長男が、小野寺さんの元に喜んで通っています。行きたい!と自分で決め、自ら早々に持ち物の準備をして通うなんて、そんな場所に、そんな人に出会えるなんて、驚きです。(こんなこと言ったら、「僕のやる気、僕の未来、信じてなかったの?と指摘されそうですが」)。その子にあった場所があれば、信頼できる人に出会えれば、その子自身で歩み出す…実感中です。
ゲーム好きの息子(現在中学3年)は、最初はプログラミングに興味があって通うようになりました。さまざまな分野のテーマを示してもらい、興味を広げていっているようです。大人でも好奇心をくすぐられるような内容ばかりで、話を聞いては毎回感心しています。最近では仲間が増えた事で、お互いにいい影響や刺激を受けあっているんじゃないかなと感じています。個別学習で、学ぶ内容はそれぞれ違っていても、知っている子が初めての子に教えたり、小野寺さんと他の子が話す内容を横で聞いていたり、子供同士の関わりの中で得られることは大きいと思います。笑顔が増えてきたのがそれを物語っています。
スクールへの坂道を登って、車から降り立ったときから何とも言えないホッとする雰囲気が漂う場所です。小6の息子は、大人数の集団活動では環境や人に流されがちで、自分を見失ってしまうのですが、ここではゆっくり自分を見つける経験ができていてありがたいです。
感想
ゲーム好きの息子(現在中学3年)は、最初はプログラミングに興味があって通うようになりました。さまざまな分野のテーマを示してもらい、興味を広げていっているようです。大人でも好奇心をくすぐられるような内容ばかりで、話を聞いては毎回感心しています。最近では仲間が増えた事で、お互いにいい影響や刺激を受けあっているんじゃないかなと感じています。個別学習で、学ぶ内容はそれぞれ違っていても、知っている子が初めての子に教えたり、小野寺さんと他の子が話す内容を横で聞いていたり、子供同士の関わりの中で得られることは大きいと思います。笑顔が増えてきたのがそれを物語っています。
対象:小学生~大人まで。高卒資格(高校認定試験)にも対応しています。
日時:毎週火曜、水曜、金曜、土曜の9時~15時(迎えが来るまで15時以降もいてもらって構いません)
月謝:週3日通う場合3万円、週2日通う場合2万2000円、週1日通う場合1万4000円

まずは見学をしてみて下さい。

福井市田尻栃谷町14-1

最寄りのバス停は福井駅から30分の栃谷です。
福井駅から栃谷のバス時刻表
栃谷から福井駅のバス時刻表

運営者 小野寺玲

1989年、福井市生まれ。保育園の頃から集団が苦手で、中学生の時に不登校になる。ひどく落ち込むが、フリースクールに通って元気を取り戻し、大学に行く。大学で色々な分野の人と積極的に会うようになり、たくさんの人に応援されながら、居場所を作ったり、イベントを企画するようになる。福井に不登校の子供の居場所を創りたいと思い、福井スコーレを始める。福井スコーレ代表、不登校ベースキャンプ運営。

メディア掲載:福井新聞、日刊県民福井

Twitter
Facebook

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信