福井スコーレを始めた理由

1989年、福井市生まれ。

学校に行くのが辛く、中学生の頃に不登校を経験。不登校になった時は、家でずっとゲームをしていました。

その後、普通の高校は不安だったので、沖縄のフリースクールに行きました。フリースクールでは文学や音楽に没頭。だんだん学ぶことが楽しくなり、大学に行きました。

大学では、サークルを立ち上げたり、家庭教師をしたり、居場所作りに関わったりしました。

やがて、福井県内に不登校の子どものための居場所が必要と思い、福井スコーレを立ち上げました。地域に関係なく参加できるように、オンラインの曜日も作りました。

皆さんも経験したことがあるかもしれませんが、本当に辛い時は、いきなり大きな一歩を踏み出すことが難しい場合があります。福井スコーレは、子どもたちの小さくて意義ある一歩になれるよう運営されています。

講演や学習会、イベント企画

不登校支援や居場所作りについて、講演や学習会をしています。

不登校からの進路相談会

不登校からの進路について、不登校の元保護者、小児科医と話し合いました。メディアでも大きく取り上げられ、不登校からのその後について考えるきっかけになりました。

余白の会

学びを通して人と出会い、つながるためのオンラインのコミュニティです。様々なゲストを呼んで話をしています。目指しているのは、居心地の良いカフェのように、気軽に集える居場所になることです。

その他様々な場所で講演や学習会をしています。

・福井県障がい福祉課
・福井県社会福祉協議会
・福井県公認心理師・臨床心理士協会
・子どもNPOセンター
・未来の先生フォーラム
・寺子屋食堂さばえ
・清水地区民生委員児童委員協議会

・ハスの実の家学習会

など。

メディアでの発信やコラム執筆

NHK、福井新聞、毎日新聞など、不登校や居場所作りについて多くの方と考えていくため、発信をしています。

福井新聞オンラインでのコラム執筆はこちら

講演や学習会のご依頼

詳しい分野は、不登校支援、居場所の作り方です。新しい視点をもたらし、具体的な活動につなげることを目標としています。その場だけでなく、継続的につながっていける仲間になれると嬉しいです。

料金:1万円 / 1時間

リアルの場合、別途交通費もお願いします。福井県内なら福井駅から1km × 15円で計算します。県外なら福井駅からの電車代として計算します。ボランティア的な活動など、内容や参加人数によっては減額もあります。内容と参加人数の目安をお伝え下さい。

活動の進め方

お互いにとって良い形で活動ができるように、やり取りはできるだけ電子化させて下さい。その方が負担が少なく、記録が残るからです。郵送、FAX、印鑑は最低限でお願いします。領収書が必須でない場合もあります。こちらのサイトが詳しいです。

文章でできることは文章でやり取りをし、打ち合わせは原則オンライン(Zoom、Microsoft Teamsなど)でお願いします。

メールフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。